FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いっちゃうルナ先生 S①

「おい拓、一人か。はずきはどうした!」
いつものようにやすが俺にちょっかいをかけてくる。
だけど、いつものように返すことはできない。
いつもなら、軽くかわす攻撃も今日ばかりは返す気力もない。

「・・・ん?どうした?なんか変だな・・・」
やすも気づいたか。
鈍感なお前でも気づくぐらい俺の気持ちは落ち込んでるってことだ。

「ルナは・・・別れた。」
「なにいいいい!」

食堂に響き渡るやすの声。
食堂にいる連中が全員こっち見たじゃねえか・・・
「ばかやろう、大きい声を出すなよ・・」
「だ、だってよ・・・お前らあんなに仲良かったやん・・・・」
「・・・・そう思ってたのは俺だけかもしれん。」

注目もだいぶそれ、俺たちは少し落ち着いた。
コーヒーを飲み終わったとき、やすが聞いてきた。
「なにがあった・・・?」
このもやもやした気持ちを
誰かにぶつけるのも悪くない気がした。

俺はゆっくりと思いだしながら
俺が一人になった理由を話しだした・・・

俺とルナはこの間の連休に沖縄に行ってきた。
付き合ってからちょうど1年がたった。その記念の旅行ってことで
2人で2か月前から計画していたんだ。

だけど・・・・この旅行が
最後の思い出になるなんて。
少なくとも俺は思っちゃいなかった。


ルナは旅行に行く前に少し抵抗があるようだった。
そりゃ、結婚していない男と旅行なんて
親が許してくれないだろう。

だけど。
もちろん俺はルナと結婚するつもりだったし、彼女も同じ考えだった・・・と思っていた。

まあ、友達と旅行に行くってことで、了解はもらったようだったけど。

出発の朝、俺は眠れなかった。
恥ずかしいけど、楽しみで眠れなかったのだ。まるで小学生の遠足の時のようだった。
okinawa01.jpg

旅行鞄を転がしてきたルナ。
大きめの帽子と、ボーダーのワンピースが似合ってたっけ。
「ルナ・・・いつもよりなんかかわいいね」
「もう、やだ・・・」
ほほを赤く染めるルナ。
いつもだったらこんなダイレクトに褒めないんだけど。
これから始まる旅行にドキドキして、なんだかテンションが変になっていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さあ、はじまってしまいました
思いつき企画いっちゃうルナ先生S
SはせんちめんとのS。

ルナ先生に彼氏がいたっていう設定の
振られエピソードとなっています。

こんかいもちゃんと続けられるんでしょうか??
これから忙しくなってくるって言うのに
・・・・・

こういうときにこういうことをやりたくなっちゃう性分なんだよね~~

無理しない程度に頑張るさ。

登場人物について
彼氏・・・拓深(たくみ)
     ルナ先生と同じ大学に通う3年生。ルナ先生と付き合って1年になる生意気な奴です。

彼氏の友達・・・泰人(やすと)
     かるーーーーーい感じの人ということで。まあ、あまり出ませんが。

とりあえずこんな感じのざっくり設定でお送りします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。