FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いっちゃうルナ先生 ゼロ⑩

くちゃ・・くちゃ・・
いやらしい音が鳴る。
「う・・ふう・・・!!」
我慢して声を出さないようにしているところもかわいい。

お尻に指先を這わせると
びくっと動く。
触る場所すべてに反応する。

反応が大きくなるにつれ、こっちの気持ちも高まる。

「いいかい・・・?」

ルナ先生はこくりと小さくうなずく。

「やさしく・・・してくださいね・・・」

もちろんだとも。

ゆっくりとルナ先生の中に入っていく。
「あ・・・あああ!!」
最後まで入った!!
ecchi-s.jpg

最初は優しく、ゆっくりと動かす。
そして勢いを徐々に早める。

「あうあうあうあう!!」
ルナ先生の呼吸と合わせて動くとさらに感度が高まっていく。

なんて気持ちいいんだ・・・
「気持ちいいかい・・」
と確認してみる。
「は、はい…気持ちいいです」
と恥ずかしがりながら答えてくれる・・・

なんてかわいいんだ。
もっとかわいがってあげよう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ぜろも10回になりました!
いや~3日坊主のわたしがこんなに続くとは。
ひとえにルナ先生を愛してくださった皆さんのおかげです!!
次回、最終回!お楽しみに!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。