FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いっちゃうルナ先生 ゼロ⑨

指先で乳房に触れる。
すべすべしている。
指先がとろけそうだ。

ゆっくりと円を描くように

下から上へとなでる。

「う・・・ん・・」
ルナ先生が少し吐息を洩らす。

思わず手を引っ込める。
まだまだ私も小心者だ・・・・

気を取り直して再び双丘に手を伸ばす。
ごろりと寝がえりを打つルナ先生。

さらに乳房があらわに。
もう、応えられんなこれは・・・

何年も触れていなかった女性のやわ肌。
心地よさと興奮でもうどうにかなりそうだ。

たまらず指先に力が入る。
「あん!」
ルナ先生が大きな声を出す。
しかし、構うものか。
一心不乱にもみしだくわたし。
momi-s.jpg

「あ、なに・・おじさん・・こ、こんなこと・・・」
「ルナ先生・・・きれいだよ…とてもかわいい・・・」
「あん、そんな・・・いや・・・だめです・・・」

いやと言いながら抵抗しない。
やっぱりルナ先生も・・・・

ぷっくり膨れ上がった乳首にキスをする。
「あ!んん!!」
ぞくぞくと感じていることが分かる。
舌を優しく乳首のまわりに這わせる・・・
「んあ・・・いやあ・・・」

といいながらわたしの頭に手をまわして力を入れる。
これはもっとなめてほしいサインだ!!

いきなり乳首を甘噛み。
「ひゃっ・・・んは・・・」
相当いい感じになってきているね・・・

股間に手を伸ばす・・・
ぬるり・・・
「あふ・・・あっ・・・」
なんだもう、ぐしょぐしょになっている。
やっぱりルナ先生も欲しかったんだな・・・かわいい奴め。
「もうこんなになってるよ・・・いやらしい娘だな・・・」
「あん・・そんなこと・・・いわないでください・・・」

吐息交じりにルナ先生は必死の抵抗をする。
しかし、体は正直だ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おまちかね、エロパートになってきましたね!!
あれ、でもこのブログってエロ禁止では???
まずいか??
誰か違反とか言わないでね!!
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

ルナ先生ファンということで、心の友ですね(笑)
コメントとてもうれしいです。
いっちゃうのほうも頑張ります!!ありがとうございました!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。