FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業といえばはかま。

ルナ先生も大学生なので、卒業はとうぜんありますね。

sotugyo.jpg
はかま姿って、やっぱり日本人だなあという感じがしますね。

いいなあ。

しかし、髪の毛は金髪。

黒髪がいいなあ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ルナ先生って、はーふかなんかでしょうか??
まさか金髪に染めてるってことはないですよね。

目も蒼いしね。
スポンサーサイト

ほわいとでい

去年もかいたから今年も同じネタで。
ルナ先生がプレゼントですよ!
witeday.jpg
しかし、すごい服ですね!!
これが服と言えるのか??

ホワイトデイのお返し(義理)に5000円も消費してやったぜ!!
畜生!!

お返しなんて下らん風習はやめてください!!

いっちゃうルナ先生 ゼロ 最終回

「ああ・・いい・・・いっちゃううううう!!」
「わ・・わたしも・・・いくよ!!」
「きて・・おじさん・・いっしょに・・・あああああああ!!!」

目の前が真っ白に・・・・
yume-s.jpg

・・・ん?
目の前に大きな山が2つ・・・??

これは白馬岳と槍ヶ岳か??
あれ?いままで・・・・・ルナ先生は??

「あ、気が付きました?大丈夫ですか??」

気がついた私はルナ先生の膝枕の元ねっ転がっていた。
連山はルナ先生のおっぱいだった・・・

「わたしは・・・あれ・・・?」
「おじさん突然気を失ったんですよ・・・大丈夫ですか??」
「いつ・・・?ん??」
「ご飯食べてる最中にいきなりですよ!もう・・・びっくりしたんですから・・・」

ご飯??えっちじゃなくて??
もしかして…夢オチってやつ???
道理で都合いいと思った・・・・
まあ、そりゃそうだよねえ・・・・

「あの・・・それで・・・その・・・」
とルナ先生が指差した先にはビックになっているわたしの海援隊が!!
下半身の浴衣がはだけてパンツだけに!!

「うわあ!ご、ごめん!!」

なんと・・・夢の中で興奮してこんなになっちゃった・・・
はずかし~~~
「そ、それじゃ、酔いざましのためにお風呂入ってくるね!ルナ先生は先に寝てていいから!!」

そそくさと部屋を出るわたし。
海援隊もへにゃ~~~となってきた。


ああ・・・なんという醜態。

気まずくて部屋に戻れないなあ・・・・

と言いながらひとっぷろあびて帰ってくると、ルナ先生はもう就寝。
わたしも、しずしずと就寝。

次の日の朝、何事もなかったように楽しく朝食を食べ、帰路に就いた。

「とても楽しかったです。こんどはわたるもいっしょに来たいですね!」
とルナ先生。

ああ・・・お世辞でもいいからまた二人で来たいですって言って欲しい!!
なんて、かっこ悪い親父には言える権利もなく・・・。

ああ無情!またの機会をください神様!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
というわけで、全11回。楽しんでいただけたでしょうか。
自分もとても楽しかったです!!
またこういうネタやってみたいなあ。
いま思いついたのは・・・・
大学時代の彼氏との話とか。
教師を目指したきっかけの話とか。

っていうかそんなのいいからはやくいっちゃう3巻完成させなさいよわし。


がんばりま~す。


いっちゃうルナ先生 ゼロ⑩

くちゃ・・くちゃ・・
いやらしい音が鳴る。
「う・・ふう・・・!!」
我慢して声を出さないようにしているところもかわいい。

お尻に指先を這わせると
びくっと動く。
触る場所すべてに反応する。

反応が大きくなるにつれ、こっちの気持ちも高まる。

「いいかい・・・?」

ルナ先生はこくりと小さくうなずく。

「やさしく・・・してくださいね・・・」

もちろんだとも。

ゆっくりとルナ先生の中に入っていく。
「あ・・・あああ!!」
最後まで入った!!
ecchi-s.jpg

最初は優しく、ゆっくりと動かす。
そして勢いを徐々に早める。

「あうあうあうあう!!」
ルナ先生の呼吸と合わせて動くとさらに感度が高まっていく。

なんて気持ちいいんだ・・・
「気持ちいいかい・・」
と確認してみる。
「は、はい…気持ちいいです」
と恥ずかしがりながら答えてくれる・・・

なんてかわいいんだ。
もっとかわいがってあげよう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ぜろも10回になりました!
いや~3日坊主のわたしがこんなに続くとは。
ひとえにルナ先生を愛してくださった皆さんのおかげです!!
次回、最終回!お楽しみに!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。