FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【習作】わたしといいことしましょ・・・

iikoto.jpg
いや~またしても久しぶりになったので
習作で
誤魔化しましたがんばりました。
なんか目がいっちゃってるなあ・・・
う~んいっちゃううう

ところで、新作なのですが遅々として進みません。
やっぱり無理があったか。
というわけで、ほかの事を画策しています。
形になってきたら発表したいですが・・・そこまでいけるのか俺。
スポンサーサイト

いっちゃうルナ先生 S最終話

「・・・・・っていうわけよ。」
大体の概略をやすに話した。もちろんプライベートなことは抜きだ。
「ふ~ん・・・で、旅行のあとは?」
「ああ・・帰りも全然会話にならなくてよ。帰ってからすぐ、こりゃだめだと思って別れの電話をしたってわけさ。」
「お前が別れるって言ったの??」
「そう。それがどうした??」
やすはしばらく沈黙の後・・・こういった。
「おまえさあ・・・はづきのことなんだと思ってるの?」
何だと思ってるって?そりゃ俺の恋人だと思ってた。
だけど、全然俺のほうを見ていないんだ。
そんな奴、恋人って言えるのか??

ふ~・・・とやすはため息交じりで俺に言う。
「おまえ・・・赤ちゃんすぎ。要は、俺を見てくれ~~ってことだろ。はづきはお前のお母ちゃんじゃないんだよ。」
「なんだよ!おれのどこが赤ちゃんだっって??!」
正直むかっと来た。
しかし、本当のこと・・・・かもしれないと反面思った。そうか・・・俺はルナに母さんになってほしかったのか・・・・・
「まあ、こうなっちゃったんも仕方ない。次を探せ。」
やすはそういう。軽い奴だ。
しかし、俺はこう思っている。
ルナは俺のことが忘れられない。
mousou.jpg

だからきっと、「おねがい、いっしょにいて・・・たくくんが好きなの・・」
なんて電話がかかってくるに違いない。
そう、これはさらに親密になるためのお互いの試練なんだ。
ルナのほうから言ってくるまで、頑張って待つとしよう。
絶対くる!ルナは俺に惚れてるんだから!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はい。最終話でした。
お付き合いいただいてありがとうございました。

今回は、落ちが分かっている分、描きやすかった部分はありますが、
前のようにドキドキ感があまりない作品になってしまいました。
残念です。

彼はここでルナ先生と決別したってわけです。
女性はけっこうドライなんですよ。
前の男なんて引きずるわけなし。

ところで。
前に「拍手がうれしい」という話をブログに書いたところ、
いっぱい押してもらいました。
とても励みになりました!!

そして最近気がついたんですが。
拍手にもコメントができるんですね!!
気がつかなかったコメントがいくつか。
ありがとうございました。
わたしの描いたルナ先生をかわいいと言ってくださったり、
画像を保存してくださったり。
前のいっちゃうルナゼロのストーリーにコメントいただいたり。
とてもうれしいです。
励みになります。
なんどもコメント読ませていただきました。

中でも印象的なのはルナ先生の別の男のことで、そういう存在はいらないんじゃないか、とても引いたというコメント。

そうですよね~ルナ先生はほかの男を知らない!!なんて存在でいてほしい・・・
そんな気持ちも自分にありました。

しかし!!

いっちゃうルナ先生はルナ先生完結編。
完結するためにはルナ先生のすべてをさらけ出す必要があるのです!!
我慢してください!!

っていうかわたしの話はオフィシャルじゃないし!!

乱筆乱文失礼しました。
引き続きルナ先生といっしょをお楽しみください。

いっちゃうルナ先生 ゼロ⑥

部屋に帰ってくると食事が用意されていた。
部屋で夕食ってのもまたおつなもんだ。

「すご~い!おいしそうですね!!」

海の近くということで、とれたての海の幸がたっぷり。

「なにか好きなものある?」
「はい、好き嫌いはあまりないんですが、アワビがすごく好きなんです!!でも、食べる機会なんてあまりありませんよね。」
「そりゃそうだ。わたしもアワビなんて何年振りか・・・」
「早速食べましょう!!いただきます!!」

ルナ先生が喜んでくれて何よりだ。
温泉からお祭り、そして食事と
いいコンボが入った感じがするな・・・・・

「おじさん、どうぞ!」
tugi.jpg

おお、美人の灼は何よりのごちそうだ・・・・
ルナ先生にもご返杯・・・と
ぐび・・・ぐび・・・
「あ~~おいしいです!!ごはんもおいしいし、最高です!!」
いい飲みっぷりと食べっぷり。
こんな一面もあるんだなあ・・・

「普段飲んだりするのかな?」
「いえ、普段はわたると食事ですし、友達と飲みに行くのもあまりなくて・・・」
「そうか、でもお酒好きなんだ。」
「はい、結構・・・あ、でもお酒好きなんて幻滅ですよね・・・」
「何を言うか。お酒の似合う女性は素敵だ。」
「え、そうですか・・・?・えへへ・・・」

なんだか妙なテンションになってきたな・・・・
お酒が入っているせいかお互い饒舌だ。
お酒好きなのに、わたるがいるから飲みにもいけないんだな・・・

うら若き乙女の青春をもしかして奪っているのだろうか。
そう考えたら、とても申し訳ない気持ちになってきた。

「どうしたんですか?具合でも悪いんですか??」
ふとそんな気持ちになっていたわたしを察してか、心配そうな顔でこちらを見るルナ先生。
「いや、なに、こんな楽しい気持ちなのはひさしぶりだな~と思ってね。」
適当にごまかした。
まあ、それも嘘ではないけれど。

「楽しいんですか??わたしも楽しいです!!」
ドキッとする言葉を時々いう。
ほんと、ルナ先生は罪な人だなあ。独身が長い親父の心の琴線に触れてくる。
自分が勘違いする前に、自分で釘を打とう。
「でも、ルナ先生が旅行とかに行ったりするのを彼氏はヤキモチとか焼いたりしないの??まあ、家族みたいなもんだからなんも思わないか。」

そうすると、今まで楽しそうだったルナ先生がピタッと止まった。
やば、地雷フンじゃったか???
「彼氏は・・・・こないだ別れました!!」
「え、そうなの??」
「はい!だから、ヤキモチとか焼く人なんていませんよう!」
無理に明るくふるまっているルナ先生。
いや、そんな風になってるなんて、想像もしてなかった。まずったな・・・

「無理に明るくなることはないよ。それはつらかったね・・」
とフォローの意味で言ってみると・・・ルナ先生の目からぽろり・・・ぽろりと
水滴がこぼれた。
それから、ルナ先生は大声で泣き続けた。
いや、、近所に迷惑なのでは・・・
と思えるぐらいの。

泣きやんでからは、ポツリポツリと恋人だった人の話を聞いた。
大学の友人のつてで知り合ったこと。
最初はとてもらぶらぶだったそうだが、そのうち互いの時間が合わなくなって
ついには向こうからもう会いたくないというメールが入ったそうな。
そのメールには、自分よりも大事なものがあるような人とは付き合えないという文だったらしい。

うんうん、そうか、つらかったな・・そりゃひどいな・・・
なんて相槌を打ちながら、心は汗をかいていた。

時間が合わなくなったってのは、わたしのうちに来てわたるの面倒を見てから・・・ということになる。
また、自分よりも大事なものと彼氏に勘違いされたのは、やっぱりわたるのことなのではないだろうか・・・・

ははははは・・・
彼氏と別れたのは十中八九わたしのせいということだ。
こりゃー申し訳ないな・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ルナ先生の見えざる私生活について考察してみました。
女子大生であるルナ先生は若い素敵な女性。
そんな女性に彼氏の一人や二人、いるにきまっている!!
しかし・・・?ということで、このような結論になりました。

なんか、物語の見えないところを補完するっていうのは
ちょっとおもしろいなあwww

文章的にはとても稚拙ですみませんでした。

ちょっとまってて

脱がせるのもいいですが
自分から脱いでくれるってのもまたそそるものが
ありますよね!

どうぞ

そういえば、836様のHPから
リンクしてた@803様のページ見ました!!
すんごいえっちなルナ先生が描いてあって
キターーーーーーって感じでした。
素敵です。

自分もそういうの描きたいな・・・なんて思いながら。
まずはいっちゃうルナ先生②を完成させねば・・・

習作 はい、わたしが標的よ

久しぶりに描きました。
何だか忙しくって・・・・

むしょーに描きたいと思ったのですがネタがない。
こういうときは上村御大の絵を真似するに限る。

大好きなエピソードのうちのひとつ。
ぴちぴちピッチングより。

わたし標的
オリジナルは水にぬれると溶ける下着でしたが。
セクシー下着を着せてみました。

レイヤーの下は・・・・という
なかなか凝った絵になりました。
3時間ぐらいかかってます。

うむ、満足じゃ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。